競馬にいつの間にか膨れ上がって失敗!競馬にはまってしまう落とし穴

競馬作った借金でかなりやばいことになってしまった時の話です。

そもそも競馬なんて興味がなかったのに、友達に連れられてやってみたらビギナーズラックでいきなり2万円勝つことができました。

その時は、帰りに友達と祝杯あげて終わったんだけど、そのあとも試しにやってみたらまたまた万馬券をとったりで結局かなり儲けることができちゃったんですよ。

「こりゃ、儲けるの簡単だな」

こう思ったところから地獄の道を進んでしまったんですね。初めの頃は多くても1回1000円ぐらいかけて1日に5000円だったのが、どんどんと金額が多くなっていき、ガチガチ固いのにかけるんじゃなくて、大勝負に出るようになっちゃったんです。

そこからみごとに負け続けました。それで止めればいいものを、どんどんエスカレートして万馬券狙いになり、外れるの繰り返し。そして、いつの間にか借金をして馬券を買うようになりました。

あの時、プラスの時点で止めておけばこんなことにならなかったのに欲が買ってしまったんですね。

今でこそ競馬は止めて見るだけにしていますが借金は未だに返済していますが終わりが見えない返済に将来の不安は募るばかりです。

地道に返済していくしかありませんが、競馬にハマる人は私みたいに当たってしまってどんどん欲が出てしまうことでしょうね。

あと、パチンコみたいにいつでもできるものじゃない。だからできる時に大きな勝負に出ようって思っちゃうんですよ。

国も公認のギャンブルだからなんか安心してしまう部分もあるんでしょうが、そんなの関係ないですよね。

うまいやり方は大きいレースだけ楽しむこと。そしていくらまでって上限を自分で決めてそれを破らないことです。

私の友達もそうやって家族公認でやってるやつがいます。住宅ローン抱えてるので逆に家族に期待されてますよ。だからたまに行う趣味感覚にして楽しむようにすればいいんです。

あと、ネットでも簡単に馬券を購入できるからこれでやってるんなら止めて馬券売り場まで買いに行くようにすること。そうすれば買うこと自体が面倒になるから止められることもありますよ。

まぁ、今気がついても時すでに遅しなんですけどね。

私のように競馬で借金を作った人の話を聞くと、私はまだ少しずつ返済できるからマシな方で、生きるか死ぬかの局面にまでなってしまう人もいます。

まず借金してまでやる遊びじゃないこと、そしてやめられなくなった自分に自分で気がつけることが重要です。友達とか説教してくれる人が身近にいるといいんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です